新着情報

PT&Rowingの果てしない挑戦①


はじめまして!4月から理学療法士として入職致しました小林です。



私は、高校からボート競技を始め、競技歴は約5年程になります。

 2020年、鹿児島では国体が開催されます。

約50年に一度しかない地元国体出場へのチャンス。
「誰にでも訪れるものじゃない」ふと言われた言葉が心に響き負けず嫌いな私の闘志に火がつきました。

また、これまでとは違い、理学療法士という視点から自分自身が競技を続けることで、新たに後輩達にフィードバックできることがあるのではないかと思い、選手として競技を続けていくことを決め、仕事との両立を目指して頑張っているところです。

4/28、県内でのシーズン開幕戦となる南日本レガッタが鹿屋市輝北ダムで開催され参加してきました。

練習不足もあり、結果はまずまずでしたが、良かった点も反省点も見つかり、自分の現状を把握できる良い機会となりました。

今日のレースで見つけた課題を基に、トレーナーとして競技に携わって下さる橘木PT、藤崎PTにアドバイスを頂きながら、7月に行われる国体九州ブロック予選に向けトレーニングを頑張っていきます!!

これから応援のほどよろしくお願い致します。