新着情報

第42回 ヘルスケア教室 開催報告


第42回health care『手がしびれる!〜手根管症候群って何?〜』というテーマでお話をさせていただきました。

手根管症候群とは、手根管という手首にあるトンネルで正中神経が圧迫を受ける疾患です。特徴的な症状として、親指から薬指の半分に痺れや痛みを生じます。そして症状が酷くなると、親指の筋肉が痩せて細かいものが摘めなくなったり日常生活に影響を及ぼします。
今回は、手根管症候群の運動療法として神経と腱の滑走訓練を行いました。実際に手を動かしながら、皆さん一緒に楽しく勉強をすることができたのではないかと思います。
勉強会が終わった後も殆どの方が質問をするために残ってくださり、患者さん達の熱心さが伝わってきました。また皆さんと手について考える機会が持てたらと思っています。ありがとうございました。

(隈元)