新着情報

PT&Rowingの果てしない挑戦②


5/4、5の2日間に渡って、鹿児島選抜での合宿が行われ参加しました。

今回の合宿は、国体九州ブロックに派遣される少年選手の選考レースを兼ねていたこともあり、参加人数も多く、活気溢れる合宿となりました。



私は、舵手付きクォドルプルと呼ばれる5人乗りの艇で、2日間高校生と練習を行いました。
ボートは、筋力・持久力と共に、オールで水を掴む、艇が水上を滑るといった「感覚」を習得することが大切だと私は感じます。
一緒に艇に乗って漕ぐことで、陸上ではうまく言葉で伝えられない、水上での「感覚」を共有しながらトレーニングすることができ、練習を重ねるごとに艇の加速が増す感じがして、充実した2日間となりました。一緒に漕いでくれた後輩達が上手になったと顧問の先生から言ってもらえて嬉しかったです。

今月末には、インターハイの県予選を控える高校生。気温が高く、暑い中での合宿となりましたが少しでも自分の漕ぎを改善しようと、積極的に質問してくれる高校生と一緒に漕ぐことができて楽しかったです。一生懸命頑張っている後輩に負けないように、私たち成年選手も練習に励みたいと思います!!(小林)