新着情報

第1回 ベースボールメディスンカンファレンス


1月18日(土)、19日(日)に東京ミッドタウンで開催されたJATO(ジャパン・アスレティックトレーナーズ機構)とPBATS(メジャーリーグアスレティックトレーナーズ協会)が共催する「第1回ベースボールスポーツメディスンカンファレンス」に参加してまいりました。

ベースボールに関するスポーツ医学の様々なトピックに関して、メジャーリーグや日本プロ野球の現場で実際に活動されているアスレティックトレーナーや野球選手の障害に対して日々治療、手術をされているDrから大変貴重なお話をお聞きすることができました。

日本のプロ野球やアメリカのメジャーリーグの現場でアスレティックトレーナーが障害をどのように考え、また予防し、選手の持っている最高のパフォーマンスを引き出すためにどういった活動を行っているのかを知ることのできた大変有意義な2日間でした。理学療法士としても共通することが多々あり、野球選手と向き合っていくためには、やはり選手の背景を十分考慮し、スポーツ医学の観点から選手に接していくこと大切だと改めて感じました。また、今後の投球教室等も利用し障害予防の観点からも貢献できるよう今回の内容を活かしていきたいと思います。

今回、このような会に参加させて頂き院長先生をはじめ、参加するにあたってご協力頂いたスタッフのみなさまに感謝申し上げます。(田丸)