新着情報

第22回 日本低侵襲脊椎外科学会学術集会に参加して


2019年11月28、29日に高松市で開催された第22回日本低侵襲脊椎外科学会学術集会に参加してまいりました。

学会会長の徳島大学西良浩一教授は多くのアスリートの腰痛に対し低侵襲手術治療を行っておられ、先日NHKプロフェッショナル仕事の流儀で"腰痛治療いまだ進化せり腰痛専門医"として紹介され今、低侵襲脊椎手術のオピニンリーダーであられる先生です。

2つのスペシャルプログラムや2日目は全ての英語での演題発表などこれまでにない企画があり、またFEDからKLIFまでの最先端の低侵襲手術の発表などが多数あり大変刺激になり非常に有意義な学会でした。

来年は局所麻酔で施行できるFEDの導入を目指して頑張りたいと思います。

 

今回このような機会をいただき有難うございました。(田邊)