新着情報

日本整形外科学会in宮城


5月18日~21日に ”杜の都” 宮城県仙台市で開催された

”第90回日本整形外科学会学術集会”に,院長及び理学療法士2名,看護師1名で参加させて頂きました.

今回のテーマは,”復興と再生 Rivival and Renewal”と,東日本大震災からの変化や整形外科分野での近年の変化等の内容が含まれているような感じでした.

参加期間としては,後半の2日間でしたが,整形外科分野における基礎研究や診断,治療等の近年の変化や最新情報等のセッションがありましたが,会場の数も多く,各々の興味があるセッションに参加し,Dr.からの視点や対応を多く学ぶ事が出来ました.

脊柱疾患における術前後での考え方や取り組み,また,各部位における診断や治療,リスク等の知識,対応を改めて再確認や最新情報を聞け,今後の理学療法等における取組を考える時間となりました.

 

仙台で有名な伊達政宗の銅像をバックに伊達男3人!! 記念撮影

今後の理学療法や看護で,今回学んだ事を実践し,また,自分達も多くの疑問を持ちながら理学療法等を実施していけるようにしていこうと思います.

 

今回,日本整形外科学会に参加する機会を下さった院長及び留守時にフォローして下さったPT,Nsの方に感謝します.

ありがとうございました.(竹下)